読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こねこねこのうつらうつら日記

森林浴中の「こねこねこ」です。 うつらうつらですが、うす目で見た世の中の面白い・おかしい・役に立つ・美味しいものを発信していきます。

アメリカ大統領選のトランプ勝利と能天気な政治学者の悲惨さに驚く

f:id:tengori:20161110121244p:plain

アメリカの次期大統領にトランプが決定した。

テレビでは予想外・大番狂わせという見出しが躍っていたが、
果たしてそんな番狂わせだったのだろうか。

自慢するわけではないが、管理人はトランプが当選するだろと予想していた。

根拠は信頼できる少数者の予測を参考にしていたからだ。

テレビや新聞とは異なりネットではトランプ優勢の情報は少なくなかった。
もちろん投票前だが、「トランプ勝利後の世界」との見出しで大量の部数を売り上げたらしいPDFもある。

逆になぜヒラリーが絶対有利と判断していたのか訊きたいくらいだ。

日本政府の対応もだらしない。
さっそく人を派遣してトランプ陣営と接触させるようだが、決まってからの接触ではあまり価値がない。
勝敗は別にして双方に事前に接触して人的コネクションを構築しておくのが外交上普通の方策とおもうのだがどうだろうか。

このあたりのことは大統領選に触れた前の記事でも書いているが、日本の政治・マスコミ(マスコミは意図的かもしれないが)の致命的な欠陥である。
要するに東部エリート層の論調のみが情報源なのである。
また、いわゆる知日派といわれる人間の発言を大きく取り上げるが、
別に彼らは日本に好意を持っているわけではなく、簡単に言えば日本を金づるにしている日本ゴロにすぎない。

また、こうあって欲しいという願望がヒラリー有利の情報に重きをおいたということもあるでしょう。
これはなかなか克服できない人間一般の心理ではあるのですが、、

選挙選最終盤で、経済学者が連名でトランプを非難したのも、逆効果でかえってトランプへの支持を強めたかもしれません。
経済学者のいうとおりにやって経済がよくなったこともありませんから。

たまたまチラ見していたテレビでの政治学者の発言にも驚きました。

トランプ勝利が決まった直後ですが、アメリカ通とかで呼ばれて出演していた学者?ですが、司会者が「トランプ勝利を受けての率直な感想は?」との質問への回答におもわずのけぞりました。

「背筋がゾクゾクしました。私の予想が何十分かのあいだで覆ったのですから」というような感想を嬉々としてしゃべっているのです。

自分の予想が外れたという無能さの証明を恬として恥じることがなく、得々として外れた理由を述べるわけです。
おそらく彼の認識は自分の分析は正しくて現実が間違っているということなのでしょう。
競馬の予想とはいいませんが、
なんらかの対価をもらっている以上、まず謝ることが先決という一般常識も通用しないようです。

今日あたりもその辺の有識者がでて、なせ予想が外れたのかという理由付けをいろいろとするかと思いますが、弁解のレトリックの勉強にはいいかもしれません。

要約すると、
イギリス国民がEU離脱を決めた潮流がまだ途切れず続いていて、
アメリカ国民もグローバリズムの嘘に騙されるのに飽きてきたということでしょう。

日本にとっては良いニュースです。
日本も自分の頭で考えなくてはならない状況が生まれてくるはずです。