読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こねこねこのうつらうつら日記

森林浴中の「こねこねこ」です。 うつらうつらですが、うす目で見た世の中の面白い・おかしい・役に立つ・美味しいものを発信していきます。

iponeから格安スマホFREETELに乗り換えました。そのメリット・デメリットとは

生活お役立ち

格安スマホ(MVNO)はますますその勢いが止まらないようですが、最近永年利用していたiphoneから格安スマホに乗り換えました。

手続きが結構面倒くさく、そのため乗り換えを逡巡している人もいるかと思いますので、実際はどうなのか、切り替えたメリット・デメリットについて書いてみます。

乗り換えを決めた理由

乗り換えを決めた最大の理由は単純に料金です。
スマホ固有のアプリ等はとんど利用せず、電話としての利用がほとんどなので「別にiphoneじゃなくてもいいか」という訳です。

iphoneは2年しばりの分割で購入していて、ほんとうは2年縛りが切れた時期に変更していれば解約料は取られなかったのですが、切り替える気はあったのですが、怠けてその期間を逃してしまいました。

そうすると不思議なもので、解約料がもったいなく感じられて次の2年後でいいかという気持ちになっていました。

ところが、今年になってから格安スマホの話題を頻繁に目にするようになって少し真面目に切り替えの収支計算をしてみました。

その結果、解約料を支払ったとしても切り替えたほうが圧倒的な有利だということが分かり、なぜ今まで延ばしていたのか後悔した次第です。

ちなみに今までのiphoneの料金です。

f:id:tengori:20161201012240j:plain


キャリアはソフトバンク。
平均して月額7,000円ぐらいを払っていました。
格安スマホに切り替えると2,000円ぐらいのはずなので解約金1万円を払っても2カ月で回収できます。

ソフトバンクの落とし穴

格安スマホに変更しようとして、今回分かったのですが
キャリアをソフトバンクにしたのは失敗でした。

会社によってはiphoneをそのまま利用して格安キャリア(MVO)に乗り換えることはできるのですが、唯一ソフトバンクのみ不可でした。

というのは格安スマホというのは3大キャリアの回線を借りてそれを自分の契約者に安い料金でまた貸ししている訳ですが、乗り換え前と乗り換え後が同一キャリアの回線の場合、iphoneがそのまま利用できるのです。

ほとんどの格安スマホ会社はドコモの回線を借りているのですが、KDDの回線を利用している格安スマホ会社もあります。
ただ、ソフトバンクの回線を利用している会社はなく(ソフトバンクが貸しださない?)、結果としてソフトバンクのiphoneを利用していた場合、そのiphoneh利用できません。

仕方がないので、Androidを利用することととし、
(新規にiphoneを購入するという選択肢もありましたが、Android機種との価格差が大きすぎ、そこまでしてiphoneを使い続ける理由はありませんでした。)
いろいろな会社を比較した結果FREETELに決めました。

FREETELに決めていざソフトバンクを解約という段階で思わぬ落とし穴がありました。