読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こねこねこのうつらうつら日記

森林浴中の「こねこねこ」です。 うつらうつらですが、うす目で見た世の中の面白い・おかしい・役に立つ・美味しいものを発信していきます。

十三参りの時期や参拝の作法・京都だけでない有名寺院をまとめて紹介

 十三参りは、関西では七五三よりも盛んに行われている年中行事です。

十三参りとは? 由来と時期

 数え年13歳を迎えた子供が、これまで健やかに成長できたことへの感謝と、これから益々知恵と福徳を授かるように虚空蔵菩薩に参拝する行事です。

 

f:id:tengori:20170111000250j:plain

虚空蔵菩薩図 引用:法輪寺HP

 

 虚空蔵菩薩とは、十三番目に誕生した智恵と福徳を司る菩薩と言われています。

また空海が室戸岬の洞窟(御厨人窟)に籠もって虚空蔵求聞持法を修したことにより飛躍的に記憶力が増し、日輪がその口に飛び込んだという伝説もあります。

そのため、十三参りは別名、知恵詣り・智恵もらいとも呼ばれています。

 

 いっぽう、京都嵐山の「法輪寺」の社伝によると、平安時代、幼くして天皇の地位についた「清和天皇」が、法輪寺において、数え年13歳の時成人の証として「勅願法要」を催し、それが十三参りを行うきっかけになったのだそうです。

 

 数え13歳は少年では昔の元服時期にあたり、少女は初潮を迎える時期に合致しています。

 十三参りは、本尊・虚空蔵菩薩と縁が深い旧暦の3月13日にお参りする年中行事となっています。

 

 旧暦を新暦に直すと正確には毎年異なり、2017年では4月9日(2016年では4月19日)
となります。ただこれでは不便なのでお寺によって異なりますが、一月遅れの4月13日を代用していることが多いようです。


 例えば、京都嵐山の法輪寺では、新暦4月13日を中日とした3月13日~5月13日と10月~11月にかけての参詣を十三参りの行事日程にあてています。

 

十三参りの作法と正式な服装は?

 十三参りに参拝する時は、自分が授かりたいものを表す感じ漢字を、予め用意された半紙に書き記し祈祷を受けます。
 半紙に書くのは漢字一文字が基本ですが、本人の好きな漢字、思い入れのある漢字を書かせましょう。
 帰るときに後ろを振り返ると、授かった福徳や知恵がなくなるといういいつたえがあるので、参拝した神社やお寺を出るまでは振り返らないように事前に子どもさんに伝えておきましょう。


 正式な衣装は女の子の場合、本断ち (大人の寸法)の肩上げした晴れ着を初めて着用させ、帰宅後すぐに肩上げで縫い上げていた糸をとります。男の子の場合は羽織袴姿が正式な儀礼となります。

 ただ、レンタル着物や学校の制服や洋服で十三参りをする参拝客も増えつつあるようです。

十三参りで有名なお寺は?

基本的には本尊が虚空蔵菩薩のお寺です。


京都の法輪寺・大阪の太平寺・奈良の弘仁寺が有名です。
関西以外では、東京の浅草寺、茨城の虚空蔵堂、福島の福満虚空蔵菩薩圓臧寺などがあります。
ただ、浅草寺のように本尊が虚空蔵菩薩でなくとも参拝する人が多いように、近くのお寺にお参りするのもありです。


まとめ

七五三に続く子供の成人への通過儀礼ですが、全国的にだんだん広まって来ているようです。子どもに自覚を持たせるという意味では貴重な行事ではないでしょうか。

 

 

 

エルニーニョ/ラニーニャ現象とは?名前の由来と寒波襲来の冬となる可能性など

2016年に発生したラニーニャ現象が今年になってもまだ継続しています。
前回の発生時期は2010年夏から2011年春までですから5年ぶりの発生です。


ラニーニャ発生の年は異常気象が心配され夏は暑く冬は寒くなるといわれています。
去年12月には北海道で50年ぶりの大雪がありました。


エルニーニョと対をなす気象用語ですが、知名度は少し低いかもしれません。
今年の降雪予報は前回の記事にまとめましたが、そもそもラニーニョてなに?
について簡単にまとめてみました。

ラニーニャ現象とは

 

f:id:tengori:20170109213551j:plain

f:id:tengori:20170109213710j:plainf:id:tengori:20170109213730j:plain

気象庁HPより

(上記図では左がエルニーニョで、東太平洋の海面温度が上がっています。

右がラニーニョで、その反対であることが分かります。)

 

一般的にはエルニーニョ/ラニーニャ現象と呼ばれていて、

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、 その状態が1年程度続く現象をエルニーニョと呼び、逆に低い状態が続くものをラニーニャ呼び、それぞれ数年に一度発生します

 

世界共通の定義はなく、気象庁の定義は次のとおりです。

エルニーニョ監視海域(南緯5度?北緯5度、西経150度?西経90度)の海面水温の基準値(その年の前年までの30年間の各月の平均値)との差の5か月移動平均値(その月および前後2か月を含めた5か月の平均をとった値)が6か月以上続けて +0.5℃以上となった場合をエルニーニョ現象、?0.5℃以下となった場合をラニーニャ現象と定義しています。

簡単にいうと東太平洋の海面温度が平年よりある程度高ければエルニーニョ、低ければラニーニョです。


ラニーニャ現象の日本の冬への影響

f:id:tengori:20170109213902j:plain

東太平洋の海面温度が低ければ、シーソー原理で逆に西太平洋の海面温度は高くなります。
海面温度が高いと対流活動が活発になりその上空で積乱雲の発生が多くなります。
積乱雲の発生に伴って冬型気圧配置が強まるとともに、上空の偏西風は大陸東部で東に、日本の東で南に蛇行します。
その結果、北日本付近が気圧の谷となりやすく、低気圧の影響を受けやすくなります。

低気圧が発生しなければいいわけですが、そうもいきません。
冬の季節では低気圧は雨ではなく雪をもたらすため、大雪となる可能性が多くなります。

ラニーニャの由来

ちょっと硬い話になってしまいました。


ところで「エルニーニョ」ってどんな意味か知っていますか。

エルニーニョとはスペイン語で男の子という意味でスペルはEl Ninoです。

大文字でつづられることから一般の男の子ではなく、幼子イエス・キリストを指している言葉なんです。

なぜこんな名前が付けられてかというと、もともとペルー北部の漁師が、小規模な暖流が毎年クリスマス頃に発生することに気が付いてエルニーニョと呼んでいたんですね。

それで後にペルー沖の海水温が平年よりも異常に高くなる現象が発見されたときに
この経緯をもとに、エルニーニョと呼ぶようになりました。

ラニーニョはエルニーニョと対をなす反対現象だというのは上で述べていますが、
そのため以前はアンチ・エルニーニョと呼んでいました。

ただ、アンチ・エルニーニョは、「反キリスト」の意味になりますので好ましくないという意見がでてアメリカの海洋学者フィランダーが、1985年にスペイン語で女の子を意味するラニーニャに改めることを提唱し定着したという経緯があるんだそうです。

ラニーニャのスペルはLa Ninaです。

たしかにアンチ・エルニーニョよりラニーニャのほうが可愛らしくていいですね。

ただ、実際はかわいらしいだけではなく、お転婆なのですが、、

 

まとめ

ラニーニャ・エルニーニョともその発生メカニズムは未だ解明されてません。

ただ、世界的に異常気象を引き起こす可能性が大きいことは分かってきました。

 

この冬は5年ぶりのラニーニャ発生の年です。

ころばぬ先の杖で大雪等への対策を準備しておいた方がいいかもしれません。

 

大雪対策はやはりこちらでしょうか

 

前回記事「今年の冬(2016-2017年)の降雪量予報で私的予想が不幸にも的中して大雪となってしまった。」はこちら

 

 

今年の冬(2016-2017年)の降雪量予報で私的予想が不幸にも的中して大雪となってしまった。

前回の記事以降、2カ月が経ち気象庁の最新の向こう3ヶ月の季節予報が12/21に出されています。

降雪予報に変化はあったのでしょうか、前回予報(10/20)と比較してみました。

 

<今回予報>

f:id:tengori:20161229123444p:plain

f:id:tengori:20161229123737j:plain

<前回予報>

f:id:tengori:20161108012610p:plain

f:id:tengori:20161108012312j:plain

f:id:tengori:20161108012324j:plain

 

上記のとおり公式予想では変化はありません。

では、私的予想で重要視している「ラ・ニーニャ」はどうでしょうか。

 

f:id:tengori:20161229123804j:plain

 引用:気象庁HP

 

こちらはまだ続いています。
下記の図で分かるように北日本では低気圧の影響が大きいようです。

前回(11/8)の記事

しかし、心配なのは今年は5年ぶりのラニーニャ現象の発生が9月に発表されていることです。 

当初予想の春から遅れての発生ですが、冬まで続くと日本では厳冬となり大雪が心配されます。 


前回は
2010年の夏から、2011年の春に発生していますが、
この間の冬は、12月下旬から翌1月末にかけて、日本海側の広い範囲で大雪になり、全国的に気温が低い状況でした。

日本海側では平成18年以来の豪雪で「平成23年豪雪」と称されています。
九州でも1月の平均気温が平年より3度ほど低く1963年以来の低さを記録しました。 

 

以上、まとめると今年の冬の降雪量は公式的には平年並ですが、
私的には大雪の可能性も大きいと判断します。

 

で危惧していたことが不幸にも的中して
北海道では12月としては50年ぶりの大雪で交通機関等に多大な影響が出ました。

この大雪は低気圧がもたらしたものですが、「ラ・ニーニャ」はまだ続いていますので北日本は今後もゲリラ的に大雪に見舞われる可能性は大きいと思われます。

以上、今年の積雪予想をまとめると、


公式には平年なみです。

私的にはラ・ニーニャの影響でゲリラ豪雪が心配されます。

 

降雪対策をしっかりしておきたいですね。

 

大雪対策はやはりこちらでしょうか

 

前回記事「降雪予想の仕組みと今年の冬(2017-2018年)の降雪量の私的予報は大雪の可能性?」はこちら

朴槿恵・崔順実スキャンダルは無能な反日大統領の失脚に留まらない巨大な真実が隠されています

このところの韓国大統領のスキャンダルをめぐる報道に違和感を覚えていませんか?
「崔順実(チェ・スンシル)ゲート」や「韓国のラスプーチン」とも言われています。

 

しょせん他国の政権の問題ですから、いくらかでもまともな大統領に変わればそれもまた良いのではと、、
正直あまり関心がありませんでした。

 

ただ、いくら韓国人が頭に血が上りやすいといっても
毎週の大規模デモ、、誰が裏で組織しているのでしょう?

それに検察の動きも不可解です。
産経新聞特派員の名誉毀損事件?でも分かるようにあの国の検察は権力のの意図で動くわけですが、今回は政権を見限っています。

そして、なぜ今なのか?

そのあたり、すこし腑に落ちない面もあったのですが、
??が全部つながるよという情報が出てきました。

↓↓

http://bit.ly/28Ntuf7

 

「崔順実ゲート事件」の謎を解くには、日本・韓国・北朝鮮の超極秘事項に触れざるを得ないそうです。


本当の韓国のラスプーチンは、スキャンダルの当事者である
崔順実の父親の崔太敏でカルト(?)集団永世教を創った人物です。

また朴正煕(朴槿恵の父)は韓国大統領就任後KCIAを創設します。
しかしKCIAとはCIAの下部組織で、「つくった」のではなく「つくらされた」のです。
(日本にもCIAの下部組織、JCIAがあるそうです。)

 

日本で教育を受けた朴正煕は反CIAでしたが、自分をを監視するためのKCIAを作らされたためにKCIAに対抗する組織を育て上げました。
それが〇〇です。

その両者のせめぎあいが韓国の政治で、今回のスキャンダルはその最終局面です。

 

韓国のラスプーチンの後継者こそが今回の「朴槿恵スキャンダル」のキーマンなのです。


また、北朝鮮をつくったのは日本人で朝鮮戦争は日本のために起こされたことも明かされます。

 

しかも「崔順実ゲート事件」は10月27日の三笠宮様薨去の発表と時を同じくして発生しましたが、

それらがすべて「現世界の終焉、新世界の起動」を意味しているというのです。


にわかには信じられないでしょう。
私もそうでした。

 

ただその機密を明かす人があの人なのでひょっとしてと言わざるを得ません。

 

f:id:tengori:20161205215314j:plain

平成28年8月8日、朝六時過ぎ。
京都皇統舎人から電話があり、

「今日のお言葉には落合の著作に対する
陛下の思いが籠められている」

ということで、
驚いて聞き返そうとしましたが、、、

(引用:「天孫皇統になりすましたユダヤ十支族」p27)

 

新刊本の帯にもあるとおり、落合氏の著作は陛下や皇太子殿下もお読みになっているのは公然の秘密なのです。
それだけでも、信頼性の高さが分かるのでは、、、


そう、「落合莞爾塾」を二期に亘って開催し、皇統の秘事にも通じている落合莞爾氏です。

その落合氏がインタビュアーが訊いてはならないことを訊いてしまったため、「ワシに死ねと申すのか」と呟いたそうです。

 

秘められた真相を知ることは、禁断の扉を開けることなのです。

知らないほうが安穏に暮らせます。

 

それを捨てる覚悟があるものだけに明かされる驚愕の真実。

 

ただ、すべての情報の閲覧には締切があるそうなので注意してください。

 

その締切は本日【12月9日(金)】かぎりとなっています。
ぜひ、それまでにチェックしてください。

↓↓

http://bit.ly/28Ntuf7

 

 

iponeから格安スマホFREETELに乗り換えました。そのメリット・デメリットとは

格安スマホ(MVNO)はますますその勢いが止まらないようですが、最近永年利用していたiphoneから格安スマホに乗り換えました。

手続きが結構面倒くさく、そのため乗り換えを逡巡している人もいるかと思いますので、実際はどうなのか、切り替えたメリット・デメリットについて書いてみます。

乗り換えを決めた理由

乗り換えを決めた最大の理由は単純に料金です。
スマホ固有のアプリ等はとんど利用せず、電話としての利用がほとんどなので「別にiphoneじゃなくてもいいか」という訳です。

iphoneは2年しばりの分割で購入していて、ほんとうは2年縛りが切れた時期に変更していれば解約料は取られなかったのですが、切り替える気はあったのですが、怠けてその期間を逃してしまいました。

そうすると不思議なもので、解約料がもったいなく感じられて次の2年後でいいかという気持ちになっていました。

ところが、今年になってから格安スマホの話題を頻繁に目にするようになって少し真面目に切り替えの収支計算をしてみました。

その結果、解約料を支払ったとしても切り替えたほうが圧倒的な有利だということが分かり、なぜ今まで延ばしていたのか後悔した次第です。

ちなみに今までのiphoneの料金です。

f:id:tengori:20161201012240j:plain


キャリアはソフトバンク。
平均して月額7,000円ぐらいを払っていました。
格安スマホに切り替えると2,000円ぐらいのはずなので解約金1万円を払っても2カ月で回収できます。

ソフトバンクの落とし穴

格安スマホに変更しようとして、今回分かったのですが
キャリアをソフトバンクにしたのは失敗でした。

会社によってはiphoneをそのまま利用して格安キャリア(MVO)に乗り換えることはできるのですが、唯一ソフトバンクのみ不可でした。

というのは格安スマホというのは3大キャリアの回線を借りてそれを自分の契約者に安い料金でまた貸ししている訳ですが、乗り換え前と乗り換え後が同一キャリアの回線の場合、iphoneがそのまま利用できるのです。

ほとんどの格安スマホ会社はドコモの回線を借りているのですが、KDDの回線を利用している格安スマホ会社もあります。
ただ、ソフトバンクの回線を利用している会社はなく(ソフトバンクが貸しださない?)、結果としてソフトバンクのiphoneを利用していた場合、そのiphoneh利用できません。

仕方がないので、Androidを利用することととし、
(新規にiphoneを購入するという選択肢もありましたが、Android機種との価格差が大きすぎ、そこまでしてiphoneを使い続ける理由はありませんでした。)
いろいろな会社を比較した結果FREETELに決めました。

FREETELに決めていざソフトバンクを解約という段階で思わぬ落とし穴がありました。